スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第11回 動物の「どアップ顔」じっくり鑑賞会

前回の「シロフクロウの写真リレー」いかがでしたか?

シロフクロウ」同士でも顔に違いがあることが分かりますね。

(ちなみに、アリも1匹1匹で顔が違うらしく、アリ同士だとお互いの顔の違いが分かるそうです!)。

リレーの西日本編は後日お届けするとして、

今回は色々な動物の顔をアップで撮った写真を鑑賞してみたいと思います。

まずは、京都市動物園ラマの、どアップ写真
京都0611-(2)


解説板によると

●いつも困っているような大きな目
●前に 後ろによく動く大きな耳
●割れている上くちびる
●ちょっとゆるんでいる下くちびる

などなど特徴がいっぱい。

ちなみに、気持ちが落ち着いている時はシッポが浮いているということなので、

ぜひ観察してみましょう。

京都市動物園のサイトはこちら!
http://www5.city.kyoto.jp/zoo/

京都市動物園のごはんですよ~!のイベントではエサやりの時間を15分ずつズラしてあるので、
非常に観察しやすいです。

ぜひ、エサやりの観察のハシゴをしてみましょう。

14:45~アシカ
15:00~ゾウ
15:15~アカゲザル 
15:30~ライオン
15:45~コンドル

念のため、案内板などでもご確認ください。

続いて、伊豆シャボテン公園レアの、どアップ写真
シャボテン


ダチョウに似ていますが、それもそのはず、ダチョウ目レア科に属しています。

ダチョウと同じく飛ぶことはできませんが、速く走ることができます。

愛嬌のある顔ですが、うっかり手を出したりすると、興味を持ってつつきにきたりするので、要注意!

伊豆シャボテン公園のサイトはこちら
http://www.shaboten.co.jp/
サイトの飼育員さんの日記が頻繁に更新されてます。

愛犬を連れて入園できる珍しい動物園です。

続いて、天王寺動物園ケープハイラックスの、どアップ写真
天王寺0903-(59)


個人的に、非常に大好きな動物なのですが、一般的にはあまり知られていないようで・・・。

この際にぜひ覚えていただければと思います。

写真だと大きさが分かりにくいですが、だいたい40~50センチ。

ネズミっぽく見えますが、実はゾウや、バク、サイなどに近いです。

漢字で書くと「岩狸」。

サバンナの岩場を巣にして、群れをつくって暮らしています。

天王寺動物園でも、岩場のようなところで飼育されています。

(見過ごしてしまう方も多いようなので、どこにいるか探してみましょう)

天王寺動物園のサイトはこちら!
http://www.jazga.or.jp/tennoji/index.html

続いて、山口県周南市徳山動物園カバの、どアップ写真
徳山-(4)

カバのすごいところは、水中では水が入らないように耳と鼻の穴をふさぐことができるという点。

1日の半分を水中で暮らすということもあって、これは納得の特徴です。

それにしても・・・誰かに似てるような顔ですね。

徳山動物園のサイトはこちら!
http://www.tokuyamazoo.jp/

※園内で行われる、飼育員さんによるカリフォルニアアシカの解説が充実しています。必見。

続いて、とくしま動物園ヒトコブラクダの、どアップ写真
徳島

一瞬、何の動物かわからないほどの迫力。

砂やほこりが目に入らないように、まつ毛は二重に生えています。

鼻は自由に閉じることができます。もちろん、砂が鼻の穴に入らないようにするためです。

耳の穴が小さいのも、そのためですが、実は小さな音も聞き取れます。

まさに、砂漠に適したシステムなのです。

とくしま動物園のサイトはこちら!
http://www.city.tokushima.tokushima.jp/zoo/

ライオンキリンなどは、雨が降っても屋根のあるところから観察できます。

至近距離で観察できる動物が多いです。

最後は おびひろ動物園ヒツジ「もここ」の、どアップ写真
おびひろ-(14)

コリデールという、羊毛をとるためのヒツジ・・・ということもあって、もこもこし放題。

写真はもちろん毛を刈る前。

目が毛に覆われて、見えなくなってしまうのではないかと心配してしまうほどです。

背中をかいてもらうと喜ぶそうなので、ぜひ!

おびひろ動物園のサイトはこちら!
http://www.obihirozoo.jp/
「もここ」から近い位置にいるホッキョクグマのピリカも大人気。


※なお、写真を撮る時は絶対にフラッシュを使わないようにしてください。

(動物がビックリしてしまいますし、目をいためてしまいます)。

寝ている動物を起こそうとするのもやめましょうね。
  1. 2009/06/10(水) 13:00:00|
  2. 動物
<<前の記事を読む次の記事を読む>>
  
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。