スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第9回 子ども連れに大人気!円山動物園、サル山前のレストハウス

まぁ、当然のことながら動物園は子ども連れの方が多いです。

ワタシみたいに一人で行っているというのは本当に稀です。




本当に本当に。



今回ご紹介するのは、札幌市円山動物園のサル山のところにあるレストハウス。

P1010623.gif

※写真は今年の3月に撮影したものです。

さすが北海道、まだ真冬でした。

IMG_2793.gif
ニホンザル


サル山前のレストハウス、

実は、子どもにも親にも嬉しい場所なのです。


まずは大きなガラスの前
P1010633.gif

ニホンザルがエサを探しています。

P1010662.gif

目の前で観察できるので、大きさやしぐさが一目瞭然。

P1010663.gif

たとえ、ガラスの向こうで人間の子どもが興奮していても、

サルたちは黙々とエサを探し続けます。


疲れてしまったという子どものために、

パズルや絵本が置いてあるスペースも。

P1010635.gif


むしろ 体力の余っている子どものために・・・

サルの壁
P1010653.gif
サル山に登る気分で壁登りに挑戦。

「サルの壁のおきて」も書いてあります。

P1010655.gif

これ、意外と難しいようで、挑戦していた子はみんな苦戦してました。

まだ小さい子どもには

くまの穴

P1010647.gif


この穴に入れば、冬眠したクマの気分。


クマの穴のそばにはクマの解説が。


中でも・・・
P1010642.gif

ヒグマと遭遇した時の対処の仕方が書かれてあるところが

まさに北海道という感じですね。


ちなみに

クマに出会ってしまったら、絶対に走って逃げないこと。

クマは背中を向けて走って逃げるものを追うという習性があり、

時速50㎞で走ることができるのだとか。

クワバラクワバラ。

ちゃんとクマの出没情報も掲示。

P1010641.gif
こ、こ、こ、こんなに!!!


育児スペースも完備。

P1010637.gif

2階にも休憩所があって、家族と一緒にサル山が一望できます。

※エゾシカ・オオカミ舎の2階にも子ども用のスペースがあります。

僕が把握している90か所の動物園の中でも

円山動物園の子ども用スペースの充実ぶりはトップクラス。

雨が降ったらここで過ごすこともできるし、

小さな子ども連れでも安心して行けるっていいですね。

円山動物園のサイトはコチラ
http://www.city.sapporo.jp/zoo/

飼育員さんによるニホンザルのガイドも分かりやすくておすすめ。

円山動物園はホッキョクグマの双子も生まれて大賑わいです。
スポンサーサイト
  1. 2009/05/13(水) 11:00:00|
  2. 動物
  
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。