スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第8回 はな子とウメ子とサクラと

はな子・ウメ子と聞いただけで「ピン!」ときた方はかなりの動物園ファンだと思います。

そう!

はな子・ウメ子共に動物園で飼育されているゾウの名前。

しかも、はな子が飼育されているのは井の頭自然文化園

ウメ子が飼育されているのは小田原城祉公園にある小田原動物園


そうなんです!

両方ともサクラの名所なのです。


と、いうわけでサクラの季節に両方行ってきました。

※前回もゾウをとりあげましたけど、まあ、そのへんは気にしないということで・・


まずは小田原動物園のウメ子

お城をバックに
IMG_7924.gif

昭和25年に開催された「小田原こども文化博覧会」の時に推定3才で来園。

60を過ぎて、はな子とほぼ同じ年齢です。


来園者から「さすがにちょっと元気なさそうだな」との声もチラホラと。


と、その時!


IMG_7887.gif

そんな声を一蹴するかのように、鼻を上げて元気さをアピールしていたのでした。

そんな姿を見て、あるお客さんは「ウメ子、来年も来るからな」と言いつつ、

ウメ子にさよならをしていました。

毎年、小田原城のサクラ見物を兼ねてウメ子に会いに来る方も多いようです。

ウメ子は小田原駅から徒歩10分の

小田原城祉公園にて飼育されています。


入園無料!


続いて・・・

井の頭自然文化園の はな子

IMG_7769.gif

昭和24年、2才半の時にタイからやってきました。

移動動物園などで各地をまわったあと、昭和29年に井の頭自然文化園に。

年齢を重ねるごとに歯が抜け落ちていき、
ついに昭和60年には歯が1本になってしまいました
(ゾウの歯はもともと4本ですが、1本で3kgあります)。


2007年に還暦を迎えたはな子。

エサの準備は大変です。


ゾウ舎には、はな子が一日で食べるエサを展示。
P1030045.gif

バナナ18kg
P1030055.gif


青草24kg
P1030054.gif


そのほか、リンゴ、キャベツ、サツマイモ、ニンジン各5kg、飲み物80~100リットルなどなどなど。

飲み物には、塩とどくだみ茶を混ぜたスポーツドリンクも含みます。

歯が1本しかないのでサツマイモやニンジン、リンゴは千切りにしたり、

機械に入れてドロドロにして丸めたものを与えたり・・・飼育員さんも大変。

でも考えたら、野生のアジアゾウは一日で200~300kgも食べるというから驚きです
(はな子は80~100kg)。



ちなみに・・・

ゾウ舎の外の壁のこちらの模様。
P1030078.gif


よく見るとゾウの形が隠れているので探してみて!


井の頭自然文化園のサイトはこちら


※なんと5月3日~6日は、1時間延長して夜6時まで開園!

5月4日の「みどりの日」は全員入園無料!

5月5日の「こどもの日」は中学生以下は入園無料!

5月17日は開園記念日につき、全員入園無料(67周年!すごい!)!

詳細はサイトでご確認ください。


(おまけの写真)

IMG_7842.gif

▲サクラに見入る(?)アカゲザル(井の頭自然文化園にて)
スポンサーサイト
  1. 2009/04/23(木) 09:00:00|
  2. 動物
  
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。