スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第12回 のぞいて、嗅いで、引っ張って!体感型動物解説シリーズ

飼育員さんはアイデアマンです。

お客さんが動物を見るだけでなく、動物に関する色々な知識も知ってもらおうと、

たくさんの工夫をしています。

そこで!色々な動物園を歩いていて見つけた「体感型の動物解説」をご紹介しましょう!!

まずは、開園25周年を迎えた富山市ファミリーパーク

トラ舎に謎の看板が。

13.gif

「トラのドッキリのぞき窓」

10.gif

「なんだなんだ?」と思ってトラ舎に入ってみると・・・

窓

丸い窓。

12.gif

お! 窓の向こうにアムールトラの姿が・・・

2.gif
(ジロリ・・)

うわ!近い近い近い!


実はこののぞき窓、

ただののぞき窓ではないんです!

14.gif

窓のフレームにご注目!

よ~く見ると小さな穴があいているではありませんか!

そう、この小さな穴に鼻に近づけると、トラのニオイが嗅げるというわけですね。

これは珍しい!

子どもにも大人気のようで、みんなニオイをクンクン嗅いでいました。

(いつもこの位置にいるワケではないので、運も必要です)

3.gif
(ジロジロ・・)

ちなみに、こちらのアムールトラの愛称はその名もズバリ「アムラー」。

1996年4月13日生まれです。

アムラー全盛期。

時代を感じますな~~。

話はそれましたけど、このトラののぞき窓は、隣りにあるもう一頭のトラ舎にも設置されていて、

興味深いものがあります。

小さな穴があることで、トラまでの距離が一気に縮まる感じがしますね。

富山市ファミリーパークのサイトはこちら!
http://www.toyama-familypark.jp/
カワウソの展示施設「とびだせカワウソ」もおすすめ。


続いて、釧路の大自然に囲まれた、釧路市動物園

園内にある北海道の動物ゾーン。

フクロウやハクチョウ池、タンチョウやアオサギの観察デッキなど、広大なゾーンが広がります。

6.gif

さすが北海道。

大自然の中を歩いているという感じがします。

と、そこに
7.gif

「ありゃ、なんだ?」の文字が。

人間というのは、穴を見るとのぞきたくなるという欲求が生じるもので、早速のぞいてみると・・

8.gif

!?

9.gif

アカゲラが巣として利用した穴」

なるほど~~。

思わず納得。

フツウに歩いていると全く気付かないものですが、これはちょっと嬉しい発見ですね。

釧路市動物園のサイトはこちら!
http://www.city.kushiro.hokkaido.jp/icity/browser?ActionCode=content&ContentID=1143024631871&SiteID=0ホッキョクグマも大人気


最後は、園内から桜島が見える、鹿児島市平川動物公園

4.gif

カピバラ舎の前に・・・

5.gif

こんなカピバラが。

実は、カピバラと同じ重さの60kgにしてあるのです。

これを「エイッ!エイッ」と引っ張ると、カピバラの重さを実感。

「へぇ~~、カピバラって、こんなに重いのか!」

1.gif
「重くて悪かったね(怒)」

すみません。

鹿児島市平川動物公園のサイトはこちら!
http://www.jazga.or.jp/hirakawa/
マントヒヒのお食事タイムもおすすめ

全国の飼育員さんのアイデアは、まだまだたくさんあります。

また紹介していきますね。
  1. 2009/07/02(木) 15:00:00|
  2. 動物園の飼育員
<<前の記事を読む
  
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。